おまとめローンの審査では既存の借入件数が重視される

複数の消費者金融のカードローンでキャッシングを利用しているうちに、それぞれの借入先に対する毎月の返済額が嵩むようになり、おまとめローンを利用して返済先を一本化したいとお考えになる方も多いと思います。

 

 

おまとめで一本化したくても審査を通過しないといけないのは大変だなぁ・・・


おまとめローンに利用出来るカードローンは限度額も大きく、金利も低く抑えられるものが多い為、魅力を感じるのは間違いありません。おまとめローンに成功する為には、まずは厳しい審査を通らなくてはなりません。

 

 

借入件数が多いのは審査ではマイナスになるのかなぁ・・・


それが叶わなければ、おまとめローンへの道は閉ざされてしまいます。おまとめローンの審査では、どんな項目が重視されるのかをチェックしておく必要があります。重要な項目の1つに、他社からの借入件数というものがあります。

借入件数が重視される理由とは?

他社からの借入総額よりも、借入件数が重視されることには理由があります。例えば、他社からの借入総額が200万円の場合でも、4社からそれぞれ50万円づつ借入している場合と1社から200万円を借入している場合では、その信用度は大きくことなるのです。

 

消費者金融系カードローンでは、一般的に最初の契約は50万円程度を限度額に設定されることが多く、返済実績などから、その後徐々に限度額が増額されていくものです。

  • 4社からそれぞれ50万円づつ借入している状況というのは、
    4社共に増額が叶わず1社が2社、3社、4社と借入先が増えてしまったことを如実に表している。
  • 逆に、1社から200万円を借入しているという場合は、
    確りとした返済実績を積み重ねながら限度額を増額していった結果だと伺えます。

借入総額が同じ200万円の場合でも、それぞれのケースで信用度は大きく異なるのです。おまとめローンの審査に於いて、他社からの借入件数は、少なければ少ないほど良いということは間違いありません。具体的な数で言えば、

 

 

他社からの借入先が3件以内であれば審査が通る可能性もありますが、4件、5件以上となると、その件数だけで審査に通らない可能性は非常に高くなります。


その他、おまとめローンの審査で重視される信用情報としては、

  • 多重申込み情報
  • 事故情報
  • 勤続年数

などが挙げられます。多重申込みとは言葉を変えると「申込みブラック」と呼ばれるものです。1ヶ月の間に3社以上申込んだ場合、4社目の申込み先はその情報を元に相当お金に困っている状況と察します。

信用情報機関へ登録されている事故情報に気をつける

審査に通ったか通らなかったに関わらず、申込み情報は信用情報機関へ6ヶ月間登録されると言われています。事故情報とは、その名の通り諸々のローンなどの返済が滞ったり、不払いがあった場合に信用情報機関へ登録されます。

 

事故情報は5〜10年もの長期間登録されるものとなります。多重申込みや事故情報が信用情報機関へ登録されている場合には、おまとめローンの審査に於いて非常に厳しい状況であると言えるでしょう。

 

 

申込む前に気をつけろってことかぁ・・・


勤続年数については、おまとめローンに関わらず、クレジットカードの発行の際などに於いても同様で、長ければ長いほど良いとされています。おまとめローンの審査に於いては、少なくとも1年以上の勤続年数が必要だと思われます。おまとめローンの申込みで

 

 

数打ちゃ当たるという気持ちで進めるのは悪い結果を生むだけです。


おまとめローンを成功させる為には、まずは借入件数を減らすことから始めたり、

  • 事故情報が登録されないよう気をつける
  • 1年以上は同じ会社で勤める

など申し込む前の下地作りが大切になってくるのではないでしょうか。