クレジットカードとおまとめローンについて

クレジットカードの支払いにはショッピング代金がありますが、それ以外にもキャッシング機能が付いているものがあります。どちらも限度額まで使えるのですが、こちらで借り過ぎてしまった場合には

 

 

クレカのキャッシング枠をおまとめ件数に加えることは可能なのかなぁ?


おまとめローンによる借り換えをすることで金利的にもお得になる事があります。このおまとめローンですが消費者金融でも銀行ローンでもありますが、おまとめローンには総量規制が対象外となっているために年収の1/3以上でも借りる事が出来るようになっています。

 

 

キャッシング枠をおまとめローンに組み入れるのは消費者金融や銀行のおまとめローンに関係なく可能です。


さて、まずは消費者金融のおまとめローンですが、こちらは消費者金融のフリーローンが総量規制の対象となっているので、それ以上のクレジットカードでの支払いが残っている場合には、おまとめローンをつかうことになります。

消費者金融のおまとめローンとクレカのショッピング枠

その消費者金融のおまとめローンですが、ほとんどのところでショッピング枠の支払いでの目的では使えないようになっています。

 

 

何故、ショッピング枠では消費者金融のおまとめローンに組み込めないんだろう?


因みにキャッシング枠でのおまとめローン目的では大丈夫となっているので、

 

 

消費者金融のおまとめローンの対象は貸金業法に基づいた貸付でショッピング枠は割賦販売法に基づいて運用されているお金なので対象から外れるのよ。


その辺を考えておまとめローンに申込まないと全てを一纏めにできない可能性は十分にあります。またおまとめローンとは言っても消費者金融の商品であるために金利的にも銀行カードローンとでは比較的に高く設定されている事も注意すべき点です。

クレジットカードのショッピング枠をおまとめローンに組み入れるには?

おまとめローンは全体的に見ても融資額が大きくなるのは当然で既に総量規制の対象外である銀行のカードローンであれば十分におまとめとして一本化することも可能なので選択肢には加えておくべきです。

 

 

銀行だと何故おまとめとしてショッピング枠も組み込めるんだぁ?


そういった面を考えるとやはり銀行カードローンは金利的にも低く使用目的を選ばない事からそのお金でショッピング枠の残金を返済しても何ら問題がない為、ある意味クレジットカードのショッピング枠もおまとめローンに組み込めるといっても間違いではありません。

 

 

銀行ではおまとめ専用ローンとして商品化している銀行は少ないので利用目的自由な通常のカードローンをおまとめローンとして利用するのも可能だからです!


使い道という面からみても、消費者金融のおまとめローンはその借金の一本化でしか原則として使えませんが、銀行のカードローンに関しては借金一本化に利用した後にも追加で借入をすることが出来るというメリットがあります。

 

しかし、その反面に返済専用でない為に返って借金を完済する迄に時間がかかってしまう可能性を含んでいます。