個人再生に関する基礎知識

個人再生とは、裁判所が仲介して行う債務整理の手続きの一種です。借金の減額を目的としています。

 

 

「法に基づいて借金を減額し、債務者の人生を再生させる」という意味


で、債務整理には個人再生の他に「任意整理」「特定調停」「自己破産」がありますが、それぞれ特徴は異なります。

個人再生は他の債務整理とどう違うの?

任意整理と個人再生について

任意整理は、債権者と交渉することで、返済期間を延長してもらったりする債務整理法です。「債権者に返済する」という点は個人再生と同じですが、「裁判所が仲介しない」という点が異なります。

特定調停と個人再生について

特定調停とは、任意整理とほぼ同じことを「調停手続き」に則って行う債務整理法です。「裁判所が仲介する」という点は個人再生と同じですが、「法的な根拠に基づかない」という点が異なります。

自己破産と個人再生の違いについて

自己破産は、債務整理の中でも最後の手段といわれており、どうあがいても借金を返せないという場合にのみ行えます。「免責」が認められれば借金を返す必要はなくなりますが、基本的に財産はすべて処分しなければなりません。

個人再生のポイントは住宅ローンの支払

ですから、まだ持ち家のローンが残っていたとしても、手放さざるをえません。一方、個人再生だと「ローンを払いながら借金を減額する」ということが可能です。個人再生には、「住宅ローン特則」という物があります。

 

 

住宅を手放さないという決断はその時の支払状況で判断するのが賢明です。


これは、正式名称を「住宅資金貸与債権に関する特則」といい、これにより持ち家を手放す事なく借金を返済して行くことができるのです。しかし、住宅ローンそのものを減額する事まではできないので、そちらはもともとの契約に基づいて支払って行く必要があります。

 

そして、これまで「借金の減額」という表現を使ってきましたが、法的には「債務の一部免責」というのが正確です。基本的には、「借金総額の5分の1(100万円以下の場合は100万円)」を3年かけて返して行きます。