任意整理はあくまでも交渉次第

任意整理というと難しい言葉のように感じますが、簡単に言うと借金の減額交渉です。弁護士または司法書士を通じて金融機関や消費者金融と交渉するのですが、知識さえあれば一応個人でも可能といえば可能です。

 

 

任意整理なら自分だけでもできそうだなぁ・・・


しかしそれは借りている側が何の後ろ盾もなしに借金を減らしてくれと言っているようなもので現実的に考えると交渉を成立させる事は厳しいです。例え成立できたとしても専門家を通した時よりも減額割合が少なくなる可能性も多いにありえます。

 

 

実際によく似た交渉のテーブルについたことがあるのかい?


自己破産と違い、裁判所に申し立てる必要もありませんし、借金の理由もそれほど問題にはなりませんが、純粋に弁護士や司法書士の実力次第な交渉になります。但し、融資している側は必ず任意整理に応じなければいけない訳ではないので拒否される事もありえます。

任意整理のメリットとは?

普通に考えると払えない状態で任意整理する訳ですから、拒否したところでその後の支払いがスムーズにいくわけではないのですが、拒否される例も多少あるのが現実です。メリットは借金の減額に加え、手続き中は利息が免除されるので借金総額が増えません。

 

 

任意整理のメリットはそれほど大きくはなくその大きさにも個人差があります。


但し、減額割合は交渉次第なので、人によってメリットの差が激しいのも任意整理の特徴です。

任意整理のデメリットとは?

デメリットは5年間の借金が不可能になる事です。よくいうブラックリストとは、信用情報機関に債務整理や消費者金融への過剰申し込み等の経歴が登録されてしまう事をいいます。

 

任意整理の場合は5年で消えますし、その後のローンが一切組めなくなる程信用が無くなってしまうという事もありません。大手消費者金融と銀行系カードローンは厳しくなりますが、車の分割払いや中堅消費者金融で融資を受けること自体は可能です。

 

 

デメリットとも云える社会的な信用も最小限のダメージですみます。


勿論その時の収入と生活状況次第ではありますが、債務整理の中でも任意整理はセーフだと判断してくれる可能性が高いのです。寧ろ、中堅消費者金融は大手の審査に通らない人がメイン顧客なので任意整理の方を拒否していては融資先がないという現実があります。