おまとめローン レイク

レイクALSAから見た多重債務者とは?

 

 

現在、我が国の債務の残高は1,000兆円に迫ろうとしています。そして、毎年、約90兆円の支出がありますが、収入は税収が40兆円程とその他の収入が10兆円に満たない程です。

 

足りない40兆円程は国債の発行で凌いでいます。つまり、現在の我が国の財政状況を一つの家庭に例えると、

毎月90万円の支出をする家庭の月収は50万円程で残りの40万円を毎月キャッシングで賄い家庭のキャッシングの残高は1億円に迫っている訳です。

 

従って、この家庭は完全に多重債務の状態です。


つまり、現在の日本の財政状況は完全に多重債務の状態に陥っています。こういった仮定ではキャッシング専業主婦ももちろん利用できません。

 

レイクALSAの在籍確認が必ずあるのはこういった多重債務の状況で顧客が元金の返済ができなくなった状態荷ならいために行われます。たとえ毎月1,000円か2,000円であっても自力で元金の返済を続けている場合は多重債務とは言えません。

 

しかし、元金の返済が止まって、毎月、利息だけの支払いになった場合は実質的には多重債務の状態に足を踏み入れたことになります。この様な顧客は、やがて、利息の返済にも窮して、キャッシングの返済のために他社からキャッシングする様になります。

 

この状態は完全に多重債務の状況と言えます。従って、現在の日本の財政状況は過去に発行した国債の返済のために、新たな国債を発行していますから、キャッシングの返済のために他社からキャッシングしているのと同じ状態です。

 

つまり、現在の日本の財政状況は完全に多重債務の状況です。この状況から逃れるには個人と同様に国が破産して出直すか、超インフレを起こして債務を帳消しにするしかありません。

 

1億円の多重債務を抱える人の給料が、超インフレで月収2,000万円に成ったら簡単に返済できる筈です。こういったわけでレイクALSAも申込者の審査には在籍確認が欠かせませんが、それは他業者の在籍確認も同じです。

カードローンの審査結果がでた後で別の業者に申し込むとどうなる?

消費者金融や銀行など、カードローンを商品として取り扱っている業者には様々なところがあります。こうした業者を利用してカードローンの申し込みを行うことは最近では誰でも手軽にできるようになっています。

 

カードローンの申し込みが完了すれば次は審査を受けることになるのですが、このカードローン審査に通過すれば契約となります。この契約についてですが、カードローンの審査に通過したら自動的にできるというわけではありません。審査というのは、「この人に融資しても大丈夫」という判断

 

 

銀行や消費者金融業者側が判断するために行われるもの


であり、その判断ができたことを伝えることが、いわゆる「審査結果の連絡」です。審査結果を受けて、その業者とカードローンを利用するための契約をするかどうかについてはあくまでも申し込んできた人の判断となります。

 

融資可能な状態になったとしても、その業者と契約をしない、という判断をしてもそれ自体は特に問題はありません。もちろん融資可能という結果を受けておきながらやっぱり契約をしないということであれば、業者側とすれば理由の説明を求めてくるかもしれませんが、

 

 

契約をするかしないかという最終的な判断は申し込んできた人がするものです。


ここで問題となるのが、契約をせずすぐに別の業者に融資を申し込んだ場合です。カードローンの申し込みをしたものの、他でもっと良い条件のところが審査結果を待つ間に見つけてしまった、そんな場合に別のところに申し込みをし直すといったケースがあったとします。

 

このような場合は、カードローンを申し込むタイミングにもよりますが、審査結果が出てすぐ別の業者に申し込んだとすればほとんどの場合その業者では審査に通らない可能性が高くなります。カードローンの審査で注意したいことのひとつが、「短期間に複数の業者に申し込む」というものです。

 

短期間のうちに複数の業者に申し込みをするということは、カードローンの審査で最も重視される「信用」に大きく影響しますので、審査結果がどうあれこうしたことは避けたほうが良いでしょう。仮に返済が苦しくなった場合は借り換えキャッシングも検討すべきでしょう。

page top