おまとめローン レイク

レイクALSAは収入にない専業主婦も申込めるのか?

 

新生銀行カードローンのレイクは専業主婦が申込みをしても問題はありませんでした。何故新生銀行カードローンのレイクが認められているのかというのは気になる所ですが、

 

 

レイクは新生銀行のカードローンなので総量規制の対象外だったからです。


総量規制の対象外になるということは、基本的に収入のない専業主婦に貸しても法律的に問題はないということです。現在ではレイクの新規申込はできませんので、専業主婦の方は喜ぶのはまだ早いです。

 

専業主婦の方が新生銀行カードローンのレイクを利用する場合申込みの際に確認は当然行われます。ただ審査の対象となっているのは専業主婦ではなく、その配偶者が存在して収入を持っているかどうかになります。

 

 

配偶者も収入が無いということはあまりない家庭状況なので、基本的に仕事をしていることが分かれば問題なく審査はされますが、本人確認書類だけを提出すれば新生銀行カードローンのレイクが審査を進めてくれる訳ではありません。

 

専業主婦がどこかで仕事をしている訳でもありませんから、しっかり配偶者の方の書類を用意しなければなりません。場合によっては収入証明書も必要になってきます。電話連絡は一応本人にもかかってきますが、場合によっては旦那の職場に在籍確認の電話があるので旦那に内緒でと言う訳には行かないのです。

 

しかし新生銀行カードローンのレイクは専業主婦に対して規制をする部分があり、あまり利用限度額が高くならないので注意してください。これは専業主婦が利用できる範囲を超える可能性があるためで、一定の金額までに制限して融資を行いそれ以上は限度額で制限しています。

 

 

レイクALSAは総量規制の対象になるので、収入のない専業主婦の申込はできません。


専業主婦の借入額の適性範囲は限定される

制限された限度額内で利用は可能

専業主婦の借入額の適性範囲としては、やはり低い水準となってしまいます。もともとキャッシングを利用することができませんし、カードローンを利用しても制限された限度額という部分で借りることとなります。

 

限度額は30万円までに制限している会社が多く、一部の会社が50万円まで認めていることがあります。範囲としては30万円から50万円の間と考えておけばいいですが、会社によっては30万円を下回る可能性があります。

希望額を抑えて申し込む意味

またカードローンでも利用できない会社は用意されているので、利用する場合は借りられるかどうかを判断しなければなりません。基本的に30万円となっていた場合は、一杯に利用することを避けて10万円ほどに制限しておくといいです。

 

これは利息という部分が関わってくるためであり、利息が残高に加わって行くとどんどん支払いが厳しくなっていく状態となります。実際に借りる場合は、限界まで借りないようにしっかり管理をして、その上で返済しやすい環境を作っていくことになります。

利用限度額を全てを借入れするリスク

そのため借入額としては10万円程度に制限して、どうしても大量に必要だと思っているなら20万円位までを目安に借りていくこととなります。間違っても利用限度額の最大値まで借りるようなことはせず、それよりも余裕を持った金額で制限することが必要となります。

 

当然利用できる範囲は制限されることとなりますが、これくらい制限をしておかないと使い過ぎという状態が生まれてしまい、返済が厳しくなります。

page top