総量規制とは?

2010年に改正された貸金業法の完全施行により、キャッシングにおいて総量規制が導入されるようになりました。その内容というのは

  • 年収の1/3を超える貸付が禁止
  • 50万円を超える貸付に関しては申込者の収入証明書の提出が義務付け

られるようになりました。それ以下の借入であっても、他社からの借入額と合計して100万円を超える場合に於いては同様に収入証明書の提出が必要となります。この総量規制が行われるようになった理由は、

 

 

自分の返済能力を超えた借入を行ったしまった結果、多重債務に陥ってしまった人が増加したことが原因です。


例えば現在ではこの総量規制の為に

 

 

年収が300万円の場合は100万円迄の貸付しか行えませんが総量規制が導入される前は200万円や300万円といった貸付も場合によっては行えました。


当然ですが、300万円の年収でそのような高額の借入の返済を行うことはまず不可能です。300万円の借入になると、その金利だけでも年間換算すると莫大な金額になってしまいます。

多重債務の救済的な貸付が総量規制の対象外であるおまとめローン

このような状態に陥ってしまった多重債務者や自己破産者の増加を食い止める為に、この総量規制が導入されることになりました。この総量規制は貸金業法上の規定なので消費者金融からの借入及びクレジットカードを利用したキャッシングに対して適用されます。

 

 

消費者金融の全ての貸付に適用されるのかなぁ・・・


ですが消費者金融からの借入でも、

  • 車を購入する為のローン
  • 結婚資金として利用する為のローン

など、借入を行うお金の使途が決まっている目的別のローンはこの総量規制の除外貸付となります。また、複数の借入を一本化する為の

 

 

おまとめローンは例外貸付となり年収の1/3を超える借入を行うことも可能です。


個人事業者が事業資金として借入を行う場合もこの例外貸付となり、総量規制の対象外となりますが、この場合は事業者ローンとしての借入になり、必要に応じて事業計画や経営計画などの提出が必要になります。尚、この総量規制は貸金業法ではなく、銀行法が適用される銀行からの借入には一切適用されません。