レイクでおまとめローンを検討する前に

レイクは銀行のカードローンなのでおまとめローンに向いているのかどうか調査してみました。

まずレイクはおまとめローン審査に通るのか?

おまとめローンは複数ローンを一つにまとめる訳ですから借入金額が大きくなります。そうすると審査がもちろん厳しくなりますので銀行カードローンで通るのかな?ってことになってしまいます。

 

では消費者金融はどうなのか?ってことになると借入額が年収の1/3を超えてしまった場合は総量規制に掛かってしまって借りれないんじゃないか?と考えてしまいます。しかし、

 

 

総量規制には例外があり顧客に一方的有利になる借り換え


は例外的に貸し出してもいいことになっています。つまりおまとめローンなら年収の1/3を超えても消費者金融から借りれるんですね。それなら審査に有利な大手消費者金融でおまとめした方がレイクと金利も変わらないですし、無利息サービスもありますので大手消費者金融でおまとめローンを申込んだ方が有利です。

年収の1/3を超えてもおまとめなら大丈夫な大手消費者金融
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

ではおまとめ額が年収の1/3を超えずにレイクの審査に通りそうな場合は?

銀行カードローンでも審査は大丈夫(年収の1/3を超えない場合など)な時はレイクに申込めばいいのかということになるとそうではありません。レイクは銀行カードローンにもかかわらず金利が高いので銀行カードローンのおまとめローンの審査に通りそうなら低金利借り換え銀行カードローンにした方がメリットは高まります。

 

低金利借り換え銀行カードローンなら以下の銀行カードローンが低金利でおすすめです。

低金利借り換え銀行カードローン
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円

レイクはおまとめローンの利用として最適なカードローンかどうかを検証する

レイクは新生銀行のカードローン商品のため、消費者金融とは異なる融資ルールが適用されます。たとえば「総量規制対象外」などがそれに該当するのですが、ここで気になるのが、レイクでおまとめローンを利用することは果たして最適な選択なのかどうかという点です。

 

おまとめローンを利用するうえで確認すべきポイントは2つあります。ひとつは適用される金利、そしてもうひとつは返済日についてです。このうち、返済日についてはレイクでは自由に返済日を選択することができます。

 

複数の業者から借入を受けている場合というのは、1ヶ月の間に借りている業者の数だけ返済日がやってくるということになりますので、

 

 

1ヶ月に1回にまとめることができるのはおまとめローンのメリット


のひとつです。加えてレイクではその返済日を自由に設定できますので、都合の良い日を選んで返済日に充てることができるのもメリットといえるでしょう。

 

では金利はどうかということなのですが、レイクで適用される金利を調べてみると4.5%〜18.0%という利率設定になっており、融資をうける金額によって適用される金利が変わる仕組みとなっています。レイクでは最大で500万円まで借入を受けることができますが、

 

 

最低金利の4.5%が適用されるのは400万円以上の融資


を受けた場合です。そのため、既存の借入残高が400万円以上あるという場合にはレイクでおまとめローンを利用することによる「低金利のメリット」を受けることができるかもしれません。ただし、300万円までの場合は9.0%〜18.0%の間で金利が推移する仕組みとなっています。

 

総量規制の関係からそれほど高額の融資ができなくなっている現状と、レイクで適用される金利や金額とを確認してみると、おまとめローンとしてレイクで利用できるのは300万円までというケースが多いのではないでしょうか。

 

そのため、現状の借入に比べ低金利での利用を目指すということであれば、レイクのおまとめローンはそれほど劇的な効果は無いかもしれません。また、新生銀行グループのノーローンもレイク同様に極端な金利の軽減は期待できないかもしれません。

新生銀行カードローンレイクとは?

カードローンレイクは新生銀行グループが展開している便利なカードローンです。もともと消費者金融であったレイクが新生銀行のグループになり、新生銀行のカードローンの商品となっていますので、現在は会社ではありません。

 

保証部門は新生フィナンシャル株式会社として、グループやその他の銀行ローンの保証業務を担っています。

 

 

レイクの運営会社は新生銀行になりますので総量規制の対象外になります。


新生銀行カードローンレイクの最大の特徴は無利息サービス

レイクのカードローンには2つの無金利サービスが利用できるカードローンがあり、一つは1万円〜200万円まで利用でき利用した5万円までを180日間無利息で借りることが出来るもの、もう一つは1万円〜500万円まで利用でき30日間の無利息サービスが利用できるものとなっています。

 

この無利息サービスは他のカードローンでもサービスが行われていますが、レイクのように2種類の無利息サービスから選択できるものは存在していませんので、ライフスタイルに合わせた無利息サービスが利用できるのはレイクの大きな特徴の一つとなっています。

 

200万円までのものは金利が12〜18.0%、500万円まで利用できるものは4.5%〜18.0%の金利で利用出来るようになっています。

新生銀行カードローンレイクの借入方法

借入方法に関しては店舗での借入申し込み以外に自動契約機での借入、webからの申し込みでの借入も出来ます。それ以外にも電話での借入、郵送での借入申し込みも可能となっているので、近くに店舗などがない場合でも借り入れすることが出来ます。

 

自動契約機の台数は全国に760台程度設置されていますので何処に住んでいても自動契約機が近くにあると言う状況となっています。契約完了すれば専用ATMや提携ATM、振込キャッシングなどで自由に借入が可能となりますし、専用ATMと振込キャッシングに関しては手数料無料で利用が可能となります。

新生銀行カードローンレイクの返済方法

レイクのカードローンは返済方法にも特色があり、通常のカードローンの場合は専用ATMや提携ATM、銀行などからの振り込みが基本の返済方法となりますが、レイクの場合はこれに加えて銀行口座からの自動引き落としで返済が可能になっています。

 

その為わざわざATMなどに行く必要もなく、しかも自動引き落としの場合返済し忘れのリスクも軽減できますので非常に返済しやすい環境が整っています。この自動引き落としを行っているカードローンは少ないですので、レイクを利用する際のメリットと言えます。

更新履歴